インスタグラムについて

インスタグラム映え??の私の備忘録ですが‥‥登録から使い方まで

スクショ撮影すると相手にバレてしまう投稿とは‥‥

スポンサーリンク

 

f:id:furiend5000:20171207174356j:plain

インスタグラムでスクショ撮影すると相手に通知される投稿と通知されない投稿について解説します。また、「この投稿は友達とシェアできます。」というメッセージが表示される意味についても紹介します。

 スクリーンショットを撮ると相手に通知される投稿

スクショ撮影によって相手に通知が行く投稿の種類は消える写真・動画のダイレクトメッセージに限られています。

相手への通知方法と通知内容

相手への通知方法は、相手の状況によって異なります。また通知の内容は、スクショ撮影したのが写真なのか動画なのかによって若干異なるとともに、通知が表示される場所によっても表現が変わってきます。誰が写真・動画のスクリーンショットを撮影したのかが相手にはバレてしまう点に変わりはありません。

「ダイレクト」画面と相手とのスレッド画面

f:id:furiend5000:20171207174847j:plain

ダイレクトメッセージをやり取りするための画面(「ダイレクト」画面やメッセージを送受信するスレッド画面)では「スクリーンショット撮影済み」と相手に表示されます。

f:id:furiend5000:20171207175000j:plain

フィード画面などを開いている相手には、画面上部で「(ユーザー名)さんがあなたが送信した写真のスクリーンショットを撮影しました」といった内容が通知されます。

f:id:furiend5000:20171207175102p:plain

Instagramを開いていない場合

相手がInstagramを開いていない場合は、OS標準のプッシュ通知によって「(ユーザー名)さんがあなたが送信した写真のスクリーンショットを撮影しました」といった内容が相手に届けられます。

f:id:furiend5000:20171207175349p:plain

相手に通知されるタイミング

消える写真・動画をスクリーンショットで撮影すると、即座に相手側に通知が飛びます。
なお、相手から送られてきた「消える写真・動画のダイレクトメッセージ」を閲覧するだけであれば、相手側の画面に「開封済み」と表示されるに留まります。

ただし、閲覧するだけで"足跡"が残るため、閲覧した履歴を相手に知られたくない場合は相手からのダイレクトメッセージを開かないようにする必要があります。

スクリーンショットを撮っても相手に通知されない投稿

消える写真・動画のダイレクトメッセージ以外の投稿については、それらをスクショ撮影しても相手に通知されることはありません。具体的には以下のような投稿は通知の対象外となっています。

・通常の投稿(詳しくは後述)

・24時間で消えるストーリー投稿

・通常のダイレクトメッセージ

この点、「消える」という観点からはストーリー投稿も通知対象となっていてもおかしくないはずです。

ストーリー投稿はダイレクトメッセージと比べて公開性が高く、消滅までの時間が長いタイプの投稿となっています。

そのためInstagram社としては、ストーリー投稿はスクリーンショットの無断撮影から保護するほどプライベートなものではないと考えているのかも‥‥‥。

「この投稿は友達とシェアできます。」という通知の意味

フィード画面で通常投稿のスクリーンショットを撮影すると「この投稿は友達とシェアできます。」と通知されます。そんな通知が来ると予想していなかったユーザーにとっては「もしかしたらスクショ撮影したことが相手に通知されているのかもしれない」と気になってしまうところです。

f:id:furiend5000:20171207175000j:plain

このような通知が表示されても、投稿ユーザーにスクショ撮影がバレることはありません。この通知は、Instagram内の投稿をLINEやTwitterFacebookなどに共有する際は画像でなくリンクで共有してほしい、というInstagram社の要望なのでしょうか。